体を温める方法 入浴編|清潔な髪を保ちたいなら湯シャンを実践してみよう

清潔な髪を保ちたいなら湯シャンを実践してみよう

婦人

体を温める方法 入浴編

足

ぬるめのお湯がいい

冷え性の女性は、健康のためにも積極的に温活をするべきです。しかし、温活の方法は色々あり、何が有効なのか分からないと言う人もたくさんいます。おすすめの温活は、やはり体を芯から温める入浴でしょう。ぬるめのお湯にゆっくりつかるか、熱めのお湯に短時間つかるかで迷う人もいますが、どちらでもOKです。ただ、ぬる目のお湯には心身をリラックスさせる効果があります。美容効果も高いので、ぬる目のお湯につかるのがいいでしょう。また、手浴や足浴も有効です。手足などの末端を温めると、腕や足の血行が良くなり、全身が温まります。お風呂に入ることができないときは、この方法で体を温めるようにしましょう。ちなみに、熱めのお湯に粗塩を加えると冷めにくいです。

サウナ浴や半身浴

温活ではサウナ浴も推奨されています。ただ、心拍数が50パーセントから100パーセント増加します。心臓や循環器系に負担がかかるので注意しましょう。高血圧や心臓が弱い人は、主治医に相談してから行うようにすることです。また、半身浴も温活では人気があります。全身浴よりも体に負担をかけないのに体をよく温めてくれるので、これを日課にしている人も多いです。ただし、冬場に半身浴する場合は注意が必要になります。寒いので5分程度全身浴をしてから行うようにしましょう。乾いたバスタオルを肩にかけ、体を冷やさないように工夫をするのも有効です。また、半身浴は予想以上に汗をかきます。なので、適度に水分補給を行うようにしましょう。